KUOTA KEBEL 時々 BD-1:

自転車を取り巻く物欲中心のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私はこれで辞めました。(CO2インフレーター編)

近年の環境をふまえて、私はCO2インフレーターを使うのをやめ、環境へ配慮したバイシクル人生を歩むことといたしました。

は?

とうことで、CO2ボンベを携帯するのをやめました。



CO2インフレーターで評判いい定番のアイテムはこちら。
私もこれを使っていました。というかこれは、BD-1用にすることにしました。なぜ、CO2を使うのをやめたかといえば、重い&うまく入らないからです。

私のチューブラータイヤはVittoria Corsa Evo2に80mmのエクステンションバルブを使用しています。

これ見ての通り、バルブにねじ切りされていません。TNIのCO2インフレーターはねじ切りされたいえるバルブにはねじ込んで、CO2をばっちり送り込む事ができたんですが、ちょっとVittoriaのエクステンションバルブにはうまくCO2入りませんでした。漏れ漏れで。。

しかも一発勝負みたいなもんで(TNIのインフレーターはCO2を送り込む量をダイヤルで調整可)失敗すればボンベもパーです。
CO2インフレーターだけでは不安すぎるので、ボンベも持ち歩くんですけどじゃボンベだけでええじゃないかと思ったんですね。
ボンベはこれまた定番のAIRBONEを持ち歩いていました。

なによりコンパクトさが売りのこのボンベ。いったい何回ポンピングすればいいのやら 汗)

あと重要な点は、Vittoria CorsaEvo||の規定圧です。8~10BARなんですよ。
私の場合は、フロント8.5bar、リア9barでセッティングしています。だからといって、よく分かりませんがw

最低でも8BAR入れたいわけですが、CO2ボンベですがもれなく充填すれば9barほどなんですが、実質6BARほどなんですね(私がヘタなだけかもね)。さらにこの2BARをAIRBONEで入れるのは不可能です。

でもって、ポンプを見直しこれにしました。LEZYNE CARBON ROAD DRIVE2 for ROAD LONG LENGTH


このポンプを選んだ理由は
1.デザイン(カーボン柄)
2.ホースが別なので、直結でのポンピングをしなくて良い。

直結でのポンピングはものすごい腕の力使いますねぇ。やっぱり片方は地面に付けて押しつけるポンピングがしたいですよね。一応このポンプの最大圧は11BAR。ほんとかよ。実際に試していません(爆)

ロングタイプなので、1ポンピングの量も大きいので回数軽減にも役立ちますね。意外とフレームに取り付けても見た目を悪くしていないんじゃないかと。
IMG_0817.jpg

IMG_0818.jpg

ということで、CO2ボンベ×2本、インフレーターを持ち歩くのをやめたお陰でツール缶の中がスカスカ。
チューブラー仕様のツール缶(携帯用意)をご紹介。
IMG_0815.jpg

1.医療用手袋
チェーントラブル系に出動。オイルでべとべとにならないための手袋。

2.薄手の軍手
チューブラーにはシーラント入れていますんで滅多にパンクしませんが、それでも大魔王が降臨したときにはチューブを力ずくで外していきます。指ありグローブの時にはそのままグローブで外せばいいですが、指切りグローブの時には皮がむけます。皮が剥けるポイントとしては、ホイールにこびりついたチューブラーテープを取り除くときに、指のお腹を使ってぺろぺろ剥がしていくんですが、これが大変な作業。素手でやったら、確実に皮剥けます。

3.アーレンキー
携帯用ではないです。これはHOZANの六角レンチですが、軍手につつんでツール缶に入れれば異音も防げます。

4.予備チェーンコマ&ミッシングリンク
自転車人生一度もチェーンが切れるトラブルに見舞われたことがないんですが、周囲からチェーンが切れた!等というトラブル報告もあるもんで、一応装備。

5.チェーンカッター
携帯工具に含まれているチェーンカッターが異常に使いにくそうなので、少し大きめの携帯用チェーンカッター。
LEZYNEのチェーンツール(CHAIN DRIVE)です。

6.タイヤレバー
クリンチャーは2本欲しいところですが、チューブラーは1本でOKですね。1本を差し込んで、あとは力づくです。

7.チューブラーテープ&はさみ
これが無いと始まりません。ストロー、焼き鳥の串、割り箸などに2mほど(長さは適当です)に巻いて持ち歩きます。テープにはセロファンも付いていますので、はさみ必須です。

あともちろんチューブラータイヤもね。私はサドル下に折りたたんで玄人っぽく(笑)

では、今回はこの辺で乙!
関連記事

| ・ロードカスタム&メンテ | 18:13 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うっちゃん、こんばんにゃ

環境問題を見据えた的確な判断に拍手(パチパチパチ)!
という私もボンベは持たぬインフレーター派です。
今までのご降臨の際も地道に、しこしことポンピングでしのいで来ました。
…とはいえ、やはり同行者がいたら焦っちゃいますけどね。

ところでチューブラリアンになってから、ご降臨のご経験はおありなんですか? 
実際のとこ、チューブラーってどうっすか?
身近な人の生の声がきいてみたい。

| Duck | 2012/01/25 00:05 | URL |

チューブやパンク修理キットがなくなっただけでも
缶がだいぶスカスカになりました。

ビットリアはCo2ダメなんですね・・・
私のレザインのボンベ(頭だけのやつ)はどうだろう。。
とにかくシーラントの効力に期待ですね!

はさみ!忘れてましたw
絶対必要ですね。

| のりお | 2012/01/25 01:55 | URL |

Duckさん

おはよーございます。
Duckさんも環境に配慮しているんですねw 流石です。

そもそもですが、私がチューブラーにしたのは、クリンチャーのパンクによる落車がきっかけです。

チューブラーはパンクしてもスローパンクなんで、突然圧力が低下してハンドル取られて落車なんていうリスクを激減させてくれるからなんですね。

走行性能なんて二の次でした。

で、チューブラーでパンクですか?ありますとも。

この時にはシーラント入れていませんでした。タイヤも高いことこらシーラント使ってみたんですが、こりゃまた感動。パンクなんてあっという間に治りました。今もそのタイヤは履いています。

それ以来前後ともにシーラント注ぎ込んで乗ってます。

チューブラーの交換ですが、装着はメチャ簡単です。テープて貼るだけなんで(笑) タイヤの精度が高いと、勝手にセンターでますんで調節もほぼ不要。問題は剥がすときです。

タイヤを剥がすのも一苦労ですが、ホイールにこびりついたテープを取るのが泣けます。これを外でやるのは苦痛すぎるんで、このままタイヤ貼り付けて帰宅してからゆっくりやってもいいかもしれません。

ということで、ブルべをやらない私としてはチューブラーの方がメリットが多いんですね。

Duckさんもおひとついかが?おりおさんも導入したことですし!

| うっちゃん | 2012/01/25 07:28 | URL |

のりおさん

のりおさん、オハよー。

チューブラー生活たのしいですか?というよりも、ホイールが楽しすぎますね。

そうなんです。バルブにねじ切りされていないんで、ねじ込み前提の器具はちと合わないかもです。

一度高価なポンベを使って確認しておいた方がいいですね。

ちなみに既に感じているかもですが、コルサエボは天然ゴムなんでエアーの抜ける速度が半端ないです。一日で2BARくらい直ぐにぬけます。一週間するとペコペコで焦るくらいです。

で、Co2って抜けやすいですよね。天然ゴムとあいまって相当持ちが悪いと思われます。

そもそもシーラント信者としては、パンクしないんでそんなこと心配する必要もないんですが!^^;

パンクする時にはサクッとタイヤが切れるとき。それは諦めもつきますがな。

タイヤ通販でも5000円コースなんで長持ちしてもらわないと困りますもんね(^O^)/

| うっちゃん | 2012/01/25 07:38 | URL |

うっちゃん、あざーっす!

“生”の声、とっても参考になりました。
きっかけはどうであれ、チューブラーへのハードルはそんなに高く無いんだと言うことが実感できました。

シーラントがそんなに効果が有ると言うこともよくわかりました。だいぶ垣根が低くなってチューブラーへの切り替えに対する勇気もちょっと出たのはいいんですが、ホイール選びの選択肢が増えたのはうれしい悩みです。

また判らないことがあったら教えて下さいね。




| Duck | 2012/01/25 19:28 | URL |

うっちゃん、たびたびですんまそん

よくよく考えたらさっきのコメで『きっかけはどうであれ』ってスルーしちゃった、うっちゃんが路線変更するきっかけになった転倒事故が一番重要ではないですか!
やっぱり安全性も無視できないですよね。

>このままタイヤ貼り付けて帰宅して~
これってパンクしたまんま走って帰っちゃうってことですか?
そんなことできちゃうの?

ん~、チューブラーも侮れないですね。

| Duck | 2012/01/26 00:27 | URL |

Duckさん

おはっーです。

Duckさん、チューブラーのメリット、それはホイールの軽量化ですぞ。単純な構造かゆえの軽いホイール。

どうですか?ここらで一つ!走りが生まれ変わりますぞ。大人は機材に頼りましょう(笑)

| うっちゃん | 2012/01/26 07:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://forlding.blog46.fc2.com/tb.php/214-6ccd6577

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。