KUOTA KEBEL 時々 BD-1:

自転車を取り巻く物欲中心のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京シティーサイクリング2011 今年は成功

IMG_0449.jpg
2011年9月18日(日)に開催されました東京シティーサイクリング2011に夫婦で参加してきました。

今回のイベントは昨年に比べていくつもの点が良くなっていました。
1.なんといっても原宿の交差点の大渋滞が解消されている(車道、右折車線の走行に切り替えた)
2.東京タワー、東京スカイツリーを通過ポイントとしている。トレンドにあったルートといえる。
3.直進以外の交差点、ポイントには必ずボランティアの方がおり的確に誘導してくれた。
4.絹代さんのMCが上手くなっているw


このイベントですが参加された方であれば分かる原宿の大渋滞が名物(?)ですよね。
なぜ渋滞するかは交差点を右折するには2車線路の右折車線に入らなければならないのですが、リテラシーが大きく異なるサイクリストが何十台、何百台、何千台と通過するわけで、主催者側は無難な選択でコースを主線ではなく複線に設定したことによります。
本来であれば車道の右折路線から普通に右折すれば良いのですが、歩行者と同じ扱いで歩道を渡ることになり流れが滞り大渋滞が発生しました。

大きな地図で見る

この大渋滞では昨年の参加者の声を聞くと最大2時間待った方もいらしたようです。私もBグループ(8時スタート)で出発し、30分後には渋滞に巻き込まれ、30分は待った記憶があります。

サイクルイベントに数千円を何のために払うかは人それぞれの価値観ですが、少なくとも料金を発生させている以上、参加したサイクリストには自転車を「走らせる」行為を担保すべきでした。それが担保されたない珍しいイベントだったと思います。

それがなんと今年は渋滞のない東京シティーサイクリングが2011として改善されていました。
なんと、この交差点の右折を軽車両としての扱いで右折車線に誘導したのです。これにより青信号で通過できる台数は昨年比ではありません。

このイベントは車線を規制して行うイベントではありません。多くは望みませんが、自転車が軽車両だという事を参加者に認知させて、車道を走るものだという事を走行を通じてもっと伝えるべきです。が、まずは一歩前進した感じがします。



スタートは東京都庁。ここから3000人のサイクリストが出発していきます。
IMG_0442.jpg

今回のエントリーは我がバイク KUOTA KEBEL リムが深い号。嫁はBD-1の姉妹バイクFlog。
嫁さんは普段ママチャリしか乗っていない人でもちろん40キロなんて走ったことありませんが結果的には見事に完走しています。
IMG_0444.jpg

東京タワーの足元が補給ポイントになっています。
主催者側から提供される補給食は、「水」と「塩あめ」のみ。。。 でしたが、天気は快晴。すばらい東京タワーを眺めることができました。
IMG_0443.jpg

銀座を超えお台場へ向かう途中の晴海大橋からの眺め。抜群です。ここからもスカイツリーが見えますね。
IMG_0446.jpg

お台場を抜けてぐるっと浅草方面へ北上。きました東京スカイツリー。素晴らしい建造物!
普段遠方からしか見たこと無いスカイツリーですが、近くでみるツリーは格別です。
IMG_0450.jpg

そしてスカイツリーをバックにもう一枚。
IMG_0452.jpg

皇居を抜けゴールである神宮へ。パレスサイクリングしているサイクリストの方々も相当気持ちよさそうでした。
IMG_0453.jpg

今回は原宿の大渋滞をクリアし、トレンディーなランドマーク 東京スカイツリーを通過する魅力的なコース設定、迷うことの無いボラティアの適切な誘導。サイクルイベントとして確実に成長した事を実感しました。
また来年も世相を反映した良いコースを参加者に提供してくれることを希望します。ね、JCAさん。

関連記事

| ・ロード走行記録 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://forlding.blog46.fc2.com/tb.php/182-bc08bea1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。